色々なパンをこれまでに作ってきましたが、ベーグルが一番好きですかね。ベーグルは焼く前にゆでるという工程があるのですが、それも含めて好きです。ゆでるからあの特有のもっちりとした食感になるわけですね。

もっちりとした食感のベーグルを作る

ベーグルは材料自体はとてもシンプルです。強力粉、砂糖、塩、オリーブオイル、水、イーストで作りますから思い立ったときにすぐにできるパンです。普通に捏ねて成型は細く伸ばして輪にして二次発酵。二次発酵ができたら沸かしたフライパンのお湯の中に入れてゆでるだけなのでとても手軽です。ゆでるという工程があのベーグル特有のもっちり感をきっと出してくれるんですね。もっちもちのベーグルって美味しいですよね。

中に入れる具を考える

ベーグルはシンプルに何も入れなくてもいいのですが、レーズンを入れるのも好きです。レーズンを入れたり、クルミを入れたり、チョコチップを入れる事もありますね。ゴマを入れる、フライドオニオンを入れる、焼く前にとろけるチーズをのせるなど、ベーグルのバリエーションって本当に色々とあるので楽しめますよね。

食べ方も色々

ベーグルの食べ方はそのままかじって食べるのはもちろん、レーズン、くるみのときはクリームチーズが相性がいいので、クリームチーズを塗って食べるのが好きです。あとは普通のノーマルの時に、間にレタス、目玉焼きを挟んで食べたりしています。色々と本当にバリエーション豊かな食べ方があるので、この食べ方しかないというわけではなくて、自分の好きな食べ方を試してアレンジして食べられるというところにもベーグルの魅力を私は感じますね。次はどんな食べ方をしようか楽しみです。