パン作りにはまってパン教室を始めた人もいるほどパン教室は人気がある

パン教室に通ってみたいなと思ったことがあります。もともと独学でほとんどのパンを焼いてきました。クロワッサン、ディニッシュパンはバターを練りこまなくてはいけないので作ったことがないのですが、それ以外のパンはたいてい焼いていました。

パン教室を始めた身近な人

私がパンを焼いているのを話して、パンを一度焼いて渡した事があるんですよ。そしたらですね、その人もパンにはまってしまって、趣味で最初は焼いていたのですが、だんだんパンを習いたいと思われるようになって。それだけじゃなくて、自宅でパン教室を始めたい、そう思われるようになりまして。そしてパン教室に通って、その後パンの講師の資格まで取得したという人がいます。すごいバイタリティがありますよね。でもそもそも私が焼いたパンがきっかけだったので、ちょっとうれしかったですけどね。

私もパンを教えてもらいに

その人のところにパンの基本を教えてもらおうと思って少し習いに行きました。単発で。独学で本当に、本を見ながら作っていたような感じでしたから、きっと基本ができていなかったんだろうなと。そしたら丸め方にもコツというかやり方があったんですね。それも知らなくて。丸め方ひとつで伸びが変わって、食感も変わって。すごいなと思いました。感動でした。私もそのあとパン教室でもっと習ってみたいなという気持ちはあったのですが、ならいう時間がなかったものですから残念ながら習う事には至りませんでしたが、やっぱり基礎をしっかりと身につけてからやれば、それなりにクオリティの高いパンが焼けるとその時確証しました。今でも時間に余裕があればパン教室に通ってみたいな、とは思いますけどね。

パン作りをするにあたって最低限必要なもの、材料はどのようなものがあるのか

パンを焼いてみたいなと思っている人もいるでしょう。私もたまたまテレビで手作りでパンを焼いている人がいてそれを見たときに、自分もやってみたいと思って夜な夜なベーグルを焼いたのを覚えています。焼き立てを食べた感動は忘れられないです。

パン作りに必要な最低限のものは?

これからパン作りを始めようと思っているなら必要な物がある程度そろっていないとできないかもしれません。ホームベーカリーがあれば、それだけでパンまで焼けてしまいますのでオーブンは必要ありません。捏ね器なら捏ねるまでの行程をやってくれるので、焼く時にはオーブンが必要です。ホームベーカリーも捏ね器もなくてもオーブンさえあればパン作りは可能です。すべて手で捏ねて一次発酵から二次発酵も経て、形を作って焼けばいいので何もないという人でもオーブンだけあれば大丈夫です。

材料としては何が必要?

パンの材料は基本となる粉がまず必要ですが、粉は強力粉です。小麦粉には薄力粉と強力粉があると思いますが、普通のパンの場合には強力粉を使います。たまにフランスパン用の粉なども販売されているので、フランスパンやハードなパンを焼くときはこちらを使ってもいいでしょう。粉が用意できたら、あとは砂糖、塩、水、イーストです。イーストがないとパンは膨らまないので、ほかの材料がそろっていてもイーストを入れないと始まりません。イーストの代わりにレベルが高い人は酵母などを使う事もあります。ほかにも牛乳、バター、スキムミルクなどもありますが、これは作るパンによって違いますので、すべてのパンでこれだけの材料が必要というわけではありません。ハード系のパンの場合はバターや牛乳が入っていないで水と砂糖、塩、イーストだけで作られている事も多いのです。